story​

そっと離れてあなたのその幸せを大切にしてあげて。

それはきっと誰も悪くないし、誰も悲しい事じゃないから。

 

いつしか人たちは考える事をやめてしまいました。 

いや、考えることを恐れるようになったのでしょうか? 

他人の意見と感情に、必要以上に耳を澄ませて

自分の心を思いやる余裕がなくなったのでしょう。 

8人が集まるのは、そんな人たちの心が生んだガラスの部屋。 

自分の形を人の言葉で知り、一喜一憂する日々。 

そんな日々に心が馴染まない男は、オブラートに包まれた自分の『本当』 

に向かって歩き出す。

しかし『本当』を剥き出しに出来ない事がガラスの部屋の住人の誤解を招き、 

少しずつ軋むガラスの部屋は、いつしか幸せと、愛をやさしく剥き出す。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

© 踊る『熊谷拓明』カンパニー