試作ダンス劇

「ささやかに鳴く」

2021/4/16(fri) - 17(sat)

終演致しました。

ご来場誠にありがとうございました!

【作.演出.振付】

 熊谷拓明

【出演】

 武安由宇里/池上楓子/村井友映

 

【会場】

​ ハーフムーンホール

 〒155-0031 

 東京都​世田谷区北沢4-10-4

 小田急線、下北沢駅(徒歩8分)

 または東北沢駅(徒歩6分)

 京王井の頭線、下北沢駅(徒歩8分)

​ 宣伝写真 川面健吾

 

 企画・主催 踊る「熊谷拓明」カンパニー

ささやかに鳴く。 (6).png
​【キャスト】

​click↓

2103043843.jpg

武安由宇里

​click↓

2103043724.jpg

​池上楓子

​click↓

2103043830.jpg

​村井友映​

​【作.演出】熊谷拓明

試作ダンス劇を創ろうと考えたのは2019年の秋頃でした。

きっと仲間が欲しかったのか、わかってほしかったのか、

とにかくダンス劇を絶やさない。そんな大げさを本気で考えての事でした。

第一回目の試作ダンス劇は奇しくもダンス劇どころか、全ての表現活動が新しい在り方を模索しなくてはいけない風が吹き始めた2020年4月に、様々な意見が嵐のように吹き荒れる中、当時まだ耳に新しかった、「新型コロナウイルス感染拡大予防対策」をとっての上演となった。

当日も会場までの道ですれ違う全ての人が、僕を犯罪者を見るような目を向けているような錯覚がして、2日の公演ですっかりげっそりしたことを覚えている。

そんな中で僕を支えてくれたのは、当時のオーデションに合格して参加した4人のキャストの前を見据える姿勢とエネルギーでした。

昨年とは状況は変わりつつあるが、いまだ答えの出ないこれからの舞台表現のあり方を、安武由宇里、池上楓子、村井友映と共に私達なりの方向を定めていこうと思っています。

皆様と共有できることを楽しみにしています。

​踊る「熊谷拓明」カンパニー主宰/熊谷拓明

kumagai.jpg